アシナガバチやミツバチはどうなの?

Pocket

ミツバチ

危険な蜂としては、スズメバチが有名です。では、その他の蜂であるアシナガバチやミツバチはどうなのでしょうか?
今回は温和にも見える、アシナガバチやミツバチについて、どのような特徴があるのか、そしてそれらの蜂への対策について紹介していきたいと思います。

アシナガバチの特徴について

攻撃をしなければ襲ってくることはない

スズメバチを小さくしたようなフォルムの、アシナガバチ。一般的に、アシナガバチは人を襲わないという通説もあり、温和な蜂の一つだと知られています。

では実際に温和なのかというと、スズメバチに比べて攻撃性は低いということは本当です。しかし、アシナガバチに対して攻撃をしかけたり、巣を駆除しようとしたりした場合は、こちらを攻撃対象として認識します。そして襲ってくることがあるのです。

そのため、攻撃をしなければ襲ってくることは無いですが、ちょっかいを出せば襲ってくる可能性はとても高いです。注意をしましょう。

意外に強い毒を持っているので注意

蜂の毒は、スズメバチのものが取り上げられることが多いです。しかし、蜂毒を持っているのは、アシナガバチも同様。スズメバチのものよりも毒性は低いですが、それでも意外に強い毒を持っています。

アシナガバチの針に含まれている毒は、人の体に入るとアナフィラキシーというアレルギー反応を起こします。そして、そのアレルギー反応によって、生命の危機に陥ることすら考えられます。

蜂毒の強力さについては、スズメバチだけではなく、アシナガバチも危険だと認識しておくべきです。そうしなければ、迂闊にアシナガバチに刺されて著しい健康被害を受けてしまいます。

ミツバチの特徴

攻撃性はかなり低いが強い面もある

私たちの食卓にもあるハチミツを作ることでも知られているのが、ミツバチです。ハチミツを作ってくれていることから、攻撃性は低いイメージはありますよね。

実際に、ミツバチは他の蜂に比べると攻撃性は低いです。しかし、アシナガバチと同様、攻撃をしかけたり巣に危害を加えようとしたりすると、敵として襲ってきます。その遅い方は、針で刺すことはもちろん、集団で襲ってきて数の勝負を挑んでくることもあります。

見かけでは小さいミツバチですが、巣を守るためには戦います。そして、襲ってくる個体も多いので圧倒されてしまう部分があります。

針を刺すと基本的にミツバチは死んでしまうことが多い

ミツバチがスズメバチやアシナガバチと大きく違っている部分は、針を刺すと基本的に死んでしまうことが多いという点です。これは耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ミツバチが針を刺すと死んでしまうのは、蜂の針が内臓と繋がっているため、刺した針とともに内臓が飛び出してしまう点に理由があります。ですので、ミツバチは自分の命を捨てる覚悟で、相手に針をさしています。

ミツバチの毒性は他の蜂よりも低いですが、命がけで針を刺す点については、他の蜂よりも強い蜂だと認識できます。

その他のハチの特徴についてはこちら → スズメバチの特性について調べてみた

蜂の種類によって、特徴や対策方法は違いがある

種類に合わせた対策をするべき

上記に述べたように、アシナガバチやミツバチは、それぞれに特徴があります。それゆえに、その蜂の種類に合わせた対策をするべきです。

なぜそうするべきなのかという理由は、蜂の種類に合っていない対策が非効率的であるからです。本来はやらなくていい対策をしていたり、逆に効果が無いような対策法を行っている可能性もあります。このようなことが起こらないようにしなければなりません。

種類に合わせた対策をするためには、その蜂の種類の特徴や個別の対策法をある程度知っておく必要があります。

それぞれの蜂への具体的な対策方

それでは、アシナガバチやミツバチへの、適切な対策法の一例を紹介します。

アシナガバチの場合は、刺激をしないようにすることが大切です。しかし、生活圏域に巣ができると刺される可能性があるので巣の駆除や、蜂の忌避剤や殺虫剤を用いた予防策を取っておくことが有効です。

次に、ミツバチの場合。攻撃性は著しく低いので、近寄らないことや攻撃をしないことを意識しておけば、十分な対策になります。ただ、自宅の壁などに巣を作られた場合は刺される可能性があるので速やかに駆除をするべきです。

まとめ

蜂には多くの種類があり、その種類によっては特徴や構造、性格なども大きく違ってきます。そのため、対策についても、それらを踏まえた上で行うべきです。

今回はアシナガバチやミツバチについてピックアップしましたが、その他の種類の蜂の対策についても、その種類に合わせて行うことが望ましいです。

Pocket

コメントは受け付けていません。